修学院の関連団体であるアジア太平洋交流学会の12月例会についてご案内いたします。

アジア太平洋交流12月例会 「台湾の統一地方選挙の結果と今後の日台関係」

去る10月13日には、当学会の15周年記念事業を無事盛大に挙行することができました。これもひとえに、会員はじめ多くの方々のご支援の賜物と感謝しております。

さて「強引な中国といかに付き合ったらよいか?」、これはアジア太平洋諸国にとって大きな悩みです。

12月の例会は、新たな第一歩として、この課題を深く考究されてきた当事者のお一人にご登壇願って、共に考えてみることにしてみたいと思います。

ぜひお誘い合わせのうえ、ご来場下さい。

【12月例会 概要】

講師:王 明理 女史(台湾独立建国聯盟 日本本部 委員長)

演題:台湾の統一地方選挙の結果と今後の日台関係

日時:12月13日(土) 13:30開演(13:15より開場いたします)

会場:TKP信濃町ビジネスセンター カンファレンスルーム4
(トーシン信濃町駅前ビル5F)

アクセス:JR中央・総武線 信濃町駅(各駅停車のみ停車)

資料代・会場代:2,000円

※なお、月例会終了後、理事会・幹事会を開催いたします。